マコモマグマ塩でいろいろ料理してみた。

 

こんにちは。安藤です。

 

今日は、新発売されたマコモマグマ塩を料理で使ってみたいと思います。

 

お肉が柔らかくなるということなので、お肉料理を中心にやってみたいと思います。

 

さて、今回、料理の指導をしていただくのは、コチラの方です!

 

 

 

 

こんにちは。マコモマグマ塩料理研究家の小野寺です。(笑)

 

 

はい。今回はリバーヴの小野寺社長にご指導いただくことになりました。

 

 

今回は、牛肉、豚肉、鶏肉、それぞれ料理してみましょう。

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 1.アメリカ産のステーキ肉にマコモマグマ塩をかけてみる。

 

はい。スーパーで買ったアメリカ産のステーキ肉です。

 

特売日で買ったやつなので、ちょっと硬そうなお肉ですが、マコモマグマ塩でどこまで柔らかくなるか試してみましょう。

 

 

お肉全体にマコモマグマ塩を振りかけます。

 

 

 

振りかけるとこんな感じ。若干、色が悪くなりますが、お肉が劣化しているのではなく、マコモの色なのでご安心ください。

 

 

では、さっそく焼いてみましょう!

 

 

今回は、イワタニのやきまる君を使って焼いてみます。煙が出ない便利なコンロです。

 

 

 

お肉をのせます。

 

 

 

 

 

片面が焼けたら、ひっくり返します。(ついでにエリンギも焼きました)

 

 

 

はい、完成です!

 

 

 

ひとくちサイズに切って食べやすくしましょう。

 

 

 

食べる直前に、マコモマグマ塩を振りかけて食べてもよいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 2.アメリカ産の牛カルビにマコモマグマ塩をかけてみる。

 

はい。こちらもアメリカ産の牛カルビです。

 

 

 

マコモマグマ塩をかけてみましょう!

 

 

 

つけたらこんな感じ。こちらも若干、色が悪くなりますが、劣化ではないのでご安心ください。

 

 

 

そして、塩が均等になるように、よく揉みます。

 

 

準備完了です!

 

 

 

再び、やきまる君で焼いていきます。

 

 

 

両面しっかり焼いたら・・・。

 

 

 

完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 3.鶏もも肉にマコモマグマ塩を振りかけて食べる。

 

鶏もも肉の場合は、下味でマコモマグマ塩を振りかけないで、焼いた後に振りかけます。

 

まずは、ハサミで切って・・・。

 

 

 

フライパンで焼きます。

 

 

 

よく火が通るように重しをのっけてしっかり焼きましょう。

 

 

 

片面が焼けたらひっくり返して、もう片面を焼いて・・・。

 

 

完成です!

 

 

 

お皿に盛って・・・。

 

 

 

ひとくちサイズに切って、食べる時にマコモマグマ塩をつけましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 4.ぶりかまの塩焼きにマコモマグマ塩を使ってみる。

 

こちらもスーパーで買ってきたぶりかま。

 

 

 

これにマコモマグマ塩をつけて塩焼きします。

 

 

 

表面に振りかけて・・・。

 

 

 

 

裏面にも振りかけます。

 

 

 

 

このまま焼いていきましょう。

 

 

 

完成です!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 5.お米をマコモマグマ塩で炊いてみる。

 

次はご飯を炊いてみます。炊飯器に用意されたお米に・・・。

 

 

 

マコモマグマ塩を入れます。

 

 

 

 

だいたい、ひとつまみくらいの量ですね。このままスイッチを押してご飯を炊きます。

 

 

 

 

はい。炊き上がりました。

 

 

 

 

 

お米に少し、マコモの一部が残っているような感じがします。

 

 

 

 

 

これを、よくほぐして・・・。

 

 

 

 

 

マコモマグマ塩を手につけておにぎりを作ります。

 

 

 

 

しっかり、にぎにぎして・・・。

 

 

 

 

完成です!

 

 

 

 

 

 

あと、豚バラ肉もやきまる君で焼きました。こちらはマコモマグマ塩で下味つけず、サムギョプサルのようにして、食べる時に使おうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

では、試食しましょう!

 

試食をするのは、こちらの方。

 

 

マコモもマコモ風呂も大好きな、たいせい君です。

 

 

 

 

では、最初に焼いたアメリカ産のステーキ肉にマコモマグマ塩をかけて食べてみましょう。

 

 

 

 

 

おっと、お口には合わない様子。やっぱり硬いアメリカ産のステーキ肉が劇的に柔らかくはならないようです。

 

 

 

 

 

 

でも、他のお肉は美味しく食べることができました。マコモマグマ塩のおにぎりもホクホクして美味しかったです。

 

 

 

 

下ごしらえで、マコモマグマ塩をかけるのもアリですが、食べる直前のスパイスとして使うのも美味しく食べれます。

 

 

 

 

また、子供にはお肉よりも、ゆで卵の方が人気のようです。たいせい君もゆで卵が一番好みとのこと。

 

 

 

 

今回は気合を入れすぎて、ちょっと量が多くなりましたが、充実した夕食になりました。みなさんもマコモマグマ塩を使って、健康的な食生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモサンプル請求

マコモのサンプルを請求してみた

※ 現在、マコモとげんの無料サンプルは、中止しております。ご了承ください。 &…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る