マコモが好きなワンちゃんに会ってきた

 

 

こんにちは。マコモマイスターの菊池です。今日は、マコモが好きなワンちゃん達に会いに東京の浅草に来ました。こちらのドッグカフェに、ワンちゃんがいるとのことですので、中に入ってみましょう!

 

 

 

 

こんにちは。菊池です。今日はよろしくお願いします。

 

 

こんにちは。石井です。よろしくお願いします。

 

 

 

村田です。こちらこそよろしくお願いします。

 

 

 

石井さん、村田さんのワンちゃん達はマコモが好きとのことですが、まずは、マコモを知ったキッカケからお教え頂けませんでしょうか。

 

 

はい。私は山内健志先生にマコモを教えていただきました。

 

 

山内先生?

 

 

ええ、山内先生は、鍼灸で有名な方で、私は定期的に山内先生の鍼治療を受けていました。触っただけでどこが悪いのかわかるスゴイ方です。体だけでなく、気持ちがイライラしていても、山内先生はすぐにわかってしまいますね。

 

 

すごいですね。

 

 

そして、山内先生は獣医としても有名で、動物の東洋医学に関しても研究されていらっしゃいます。日本獣医中医薬学院の学院長も務められています。

 

 

山内 健志 氏日本獣医中医薬学院  学院長  ( http://itcvm.com/master/

スノウメープル獣医東洋医学クリニック 中医獣医師

 

 

 

そうだったんですね。

 

 

以前、うちの愛犬が「ぶどう膜炎」という目の病気になった時、山内先生のクリニックに連れて行き、鍼治療をして頂いたことがあります。先生の技術は本当にすごくて、あっという間に治して頂きました。その前に眼科でもらった目薬が必要ないくらい良くなったんです。

 

 

すごいですね。

 

 

ええ、それからは、私も愛犬もずっと山内先生にお世話になっています。うちの子(スキート)は、ミニチュアシュナウザーなので、元来病気になりやすい種類です。現在は14歳になり、一般的には色々病気を抱えていることが多い年齢ですが、山内先生のおかげで元気に毎日を過ごしています。

 

 

すばらしいですね。

 

 

そうなんです。以前、スキートは、ヘルニアになりそうな時がありましたが、山内先生の鍼とお灸のおかげで大事に至りませんでした。現在もスキートは、山内先生の鍼とお灸が大好きなので喜んで診療台に上がって、「準備できました」って、先生に背中を見せてくるんです。(笑)

 

 

診療台に上がるのをイヤがる犬は多いですけど、スキートちゃんは大丈夫なんですね。

 

 

そうですね。山内先生との信頼関係もできていますからね。そして、マコモはそんな信頼する山内先生から教えて頂きました。スキートは、10年以上、毎日マコモ飲んでいます。また、お風呂も好きなんです。お風呂に入ると気持ちいいみたいで、入りながら寝てしまいますね。

 

 

ありがとうございました。では、村田さんはどういうキッカケでマコモを知ったのでしょうか?

 

 

私は以前、ドッグカフェを経営していて、その時に石井さんと出会って、マコモのことを教えて頂いたんです。

 

 

そうだったんですね。

 

 

ええ、でも最初はマコモのことがよくわからなかったのですが、色々教えていただき、その後、私自身が飲むようになりました。元々アレルギー体質なので、健康には気をつかうようにしていますので。でも、ある時、私の健康ではなく、愛犬(りんだ)の健康に問題が発生してしまったんです。

 

 

愛犬の健康にですか? どんな問題が?

 

 

りんだの脇にシコリがあり、病院に行って調べたら「肥満細胞腫」という悪性腫瘍だったんです。

 

 

 

癌ということですか?

 

 

そうですね。りんだが5歳半の時です。かかりつけの動物病院では、「脇にリンパがあるから難しい手術になります。高度医療の病院を紹介するので、精密検査・治療をしてください。」と言われ、日本動物高度医療センターに行くことになりました。

 

 

その後、どうなったのですか?

 

 

信じられないかも知れませんが、その後、腫瘍が小さくなったんです。シコリも触ってもわからないくらいになりました。高度医療センターの先生方にも「奇跡的なことだけど、これなら手術をしなくて大丈夫ですね。」と言われ、経過観察となりました。

 

 

そんなことってあるんですね。

 

 

そうですね。でも、8ヶ月後に再発してしまったんです。

 

 

そうなんですか?

 

 

そうなんです。それで再び先生のところに行き、手術も検討したのですが、2週間経ったらまた腫瘍が小さくなっていったんです。

 

 

本当ですか?

 

 

そうなんです。信じられないかもしれませんが、本当なんです。結局、りんだは手術をまったくせず、8歳になった現在も元気に過ごしています。先生方のおかげですね。手術は、後遺症が残ったり、麻酔が強かったらアレルギー反応おこしたりするリスクがありますから、飼い主としてはできる限り避けたかったので、本当に感謝しています。

 

 

よかったですね。

 

 

ありがとうございます。この経験もあり、私だけでなく、愛犬の健康にもより一層気をつかうようになりました。現在は、りんだには私と同じようにマコモを飲ますようにしています。

 

 

 

 

ワンちゃんは、最初からマコモを飲んでくれるんですか?

 

 

最初は食べてくれなかったので、美味しいおやつに混ぜたりしてあげていましたね。でも今では大好きなので、そのままでも食べてくれますよ。

 

 

犬も不健康だとマコモを食べないですね。病気で薬漬けの犬とか、ビーフジャーキーばっかり食べているような犬など、不健康な生活習慣の状態だと、体がマコモを受け付けないのだと思います。

 

 

やっぱり人間も犬も日々の生活習慣が大切なんですね。

 

 

そうですね。

 

 

マコモは薬と違って、天然の食品です。なので犬の顔や手足についてしまっても大丈夫なのも良い点だと思っています。飼い主は、安心して使えますからね。

 

 

あとは、飼い主がマコモの良さを理解していることが大切だと思います。なので、最近は愛犬仲間にマコモの良さを色々お伝えしています。私達のようにマコモで愛犬と豊かな生活をする仲間が増えてくれるとうれしいですね。

 

 

そうですね。マコモは一家に1つは置いておきたい商品ですね。私もこれからもマコモを愛用させて頂きます。

 

 

今日はありがとうございました。

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

  開発のキッカケ   話はいまから2年ほど前にさかのぼる…。 &nb…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る