みっけ学舎ホールの2周年記念イベントに行ってきた

 

 

こんにちは。マコモマイスターの菊池です。今日は仙台駅にいます。

 

 

今日は、みっけ学舎ホールで2周年記念イベントがあるとのことで、行ってみようと思います。

 

 

 

 

 

 

 

今回は、様々なブースが用意されて、体験コーナーも盛りだくさんとのことです。楽しみですね。

 

 

 

 

ということで、今回も車で本砂金まで向かいます。道中も大きな川があったり、自然環境豊かな地域でとても癒されます。

 

 

 

 

はい。到着しました!

 

 

 

 

 

 

早くも車がたくさんとまっています。

 

 

 

 

では、校舎に入ってみましょう!

 

 

 

おっと、まずは、ウェルカムドリンクではなく、ウェルカム牡蠣(気仙沼産)です。しかも無料サービス! これはうれしい。美味しくいただきました。

 

 

 

 

 

そして、玄関先には、各出店の情報がありました。本当に色々な出店があり、お祭りのようです。楽しみですね。

 

 

 

 

では、中に入っていきましょう!

 

 

 

 

1階は、主に物販のブースです。

 

 

 

本砂金で収穫した野菜だったり、雑貨や洋服がありました。

 

 

 

 

 

 

そして、マコモ関連の商品だったり、

 

 

 

マコモの足湯も体験できました。

 

 

 

他にも、自然を活かした洗剤や、

 

 

 

無農薬のリンゴや、

 

 

 

 

トンボ細工や、

 

 

 

 

オリジナルのアクセサリー作成教室などがありました。

 

 

 

 

2階に上がってみると、メインのフロアーでは様々なアーティストさん達のミニコンサートが開催されていました。

 

 

 

 

 

 

2階は主に、ヒーリングやセラピー、鑑定、マッサージなど、心とカラダを元気にするブースが多数出店されていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tシャツや、スニーカー、トートバックにしぶきの染め物をするお店もありました。楽しそうです。

 

 

 

 

 

そして、体育館でも、心とカラダを元気にする体操をやっていました。

 

 

 

 

そろそろ、お昼になってきましたので、お腹が減りました。みっけ学舎は、普段はこんな感じの定食を食べることができますが、今回は2周年特別イベントなので、別メニューが用意されています。

 

 

 

 

今回は、気仙沼産のカキフライや、

 

 

 

 

マコモ入りの特製カレー

 

 

 

あと、マコモ入りのおこわもありました。どれも美味しかったです。

 

 

 

そして、なんと、東京の麻布十番で超有名な「天のや」さんがランチタイムに合わせて会場に来て、名物の「玉子サンド」が販売されました。

 

普段、なかなか食べることができないので、大行列です。

 

 

 

 

私も玉子サンドをゲット! からしが効いたマヨネーズソースがたまりません。

 

 

 

 

午後は、2階のメイン会場で、真菰のしめ縄作成のイベントが開催されました。今日は、みんなでしめ縄を作ったあと、みっけ学舎のすぐ近くにある「熊野神社」に真菰のしめ縄を奉納に行きます。

 

 

 

 

 

 

そして、14時からは、今回のメインイベント、「弁論大会」です。

 

 

 

 

 

「我こそは!」と思う方々が、みっけ学舎の未来に向けて、それぞれの想いをスピーチしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、荒川代表や小野寺社長など審査員の方々からの総評をいただきました。

 

 

 

 

 

 

 

そして、みっけ学舎の校長、瀬戸山裕一氏のスピーチがあり・・・。

 

 

 

 

 

 

最後に、真菰のしめ縄を奉納するために、みんなで熊野神社へ。

 

 

 

 

ちょっと遅い時間帯になりましたが、神社の方にこころよくご対応いただきました。

 

 

 

 

 

 

みっけ学舎は、オープンから2年立ちましたが、これからもまだまだ進化します。2020年も楽しいイベントが盛りだくさんなので、みなさん、仙台駅からちょっと車に乗って、みっけ学舎に行ってみてください!

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

  開発のキッカケ   話はいまから2年ほど前にさかのぼる…。 &nb…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る