マコモとジザニアを活用するヒーリングサロンに行ってきた

 

 

こんにちは。リバーヴの鈴木です。今日は、仙台にあるヒーリングサロンにお伺いしようと思います。こちらのサロンでは、マコモやジザニアを活用されているとのことですので、色々お話を聞けそうですね。

 

 

こんにちは。今日は宜しくお願いします。

 

 

こんにちは。どうぞ中へお入りください。

 

 

 

 

リセット・サロン想 の鶴来です。今日は宜しくお願いします。

 

 

 

 

こちらこそ宜しくお願いします。室内は独特の雰囲気があって、エネルギーを感じますね。

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

さっそくですが、お店をオープンされたキッカケを教えてください。

 

 

はい、実は、以前は自宅で某メーカーのエステサロンを経営していました。当時は、お蔭様で多くのお客様からご支持をいただいていましたが、少しずつお客様が変化してきたんです。

 

 

どのように変化してきたのですか?

 

 

立ち眩みや原因不明の頭痛などの不定愁訴のお客様や、私生活や人生のお悩み相談をするお客様が増えてきたんです。

 

 

 

確かに、最近そのようなお悩みを抱える方って増えてきましたよね。

 

 

そうなんです。エステでお客様をキレイにすることも、とてもやりがいがあったのですが、そのようなお悩みを持ったお客様にも元気になってもらいたいと思い、まず、アロマの勉強をするようになりました。そして、アロマのヘッドマッサージを勉強し、最終的にヘッドセラピーに辿り着きました。

 

 

勉強熱心ですね。これで、どんなお客様にも対応できるようになったんですね。

 

 

ところが、そうはいかないんです。実は、当時契約していた某化粧品メーカーでは、ヘッドセラピーは、禁止されていました。そのため、エステをとるか、ヘッドセラピーをとるか、選ばなければいけませんでした。

 

 

難しい選択ですね。

 

 

そうですね。でも、お客様が本当に求めるもの、お客様が本当に喜んでくれるものを考えたら、そんなに難しい選択ではありませんでした。エステと化粧品の売上もそれなりにありましたが、某メーカーとの契約は終了し、ヘッドセラピーのサロンに進むことにしました。

 

 

なるほど、それが、「リセット・サロン 想」に繋がるんですね。

 

 

そうですね。

 

 

サロンの特徴を教えてください。

 

 

はい、当サロンでは、「ヘッドセラピー」や、「やまと式かずたま術」などの個人セッションを通じて、心の中にある悩みや、人間関係のしがらみ、こだわりなどを全てリセットするサロンです。悩みに対して、何かを足していくのではなく、ゼロに戻すこと、身軽になって新たなスタートをきって頂くことのサポートをしています。

 

 

 

実際、リセットを希望されるお客様は多いんですか?

 

 

そうですね。しかし、セッション直後は、前向きな気持ちになるお客様が多いですが、日常生活に戻ると、少しずつネガティブな感情に戻ってしまう方もいます。育った環境などで、長い間植え付けられてしまった思考の癖は、そう簡単にはとれません。

 

 

確かにそうかもしれませんね。

 

 

そこで、マコモのチカラが重要になってきます。

 

 

マコモのチカラですか?

 

 

ヘッドセラピーは、主に思考や脳にアプローチする施術です。そして、脳と腸は相関関係にあり、脳が元気なら、腸も元気になります。逆に腸が元気なら、脳も元気になります。そのため、腸にもアプローチすることが大切と思うようになり、マコモを活用することにしました。

 

 

なるほど。そうだったんですね。

 

 

まずは、私自身がマコモを飲みました。初めてマコモを飲んだ時、とても美味しかったことを覚えています。そして、私の講座「自分の愛し方塾」では、初日にマコモについてお話しています。マコモには不思議なチカラがあって、講義が進むにつれて、受講生たちがポジティブになっていくのがわかります。

 

 

すごいですね。

 

 

ちなみに受講生たちは、こんな感じでマコモを飲んでいます。

 

これは?

 

 

真菰が練り込まれた陶器です。この陶器で、マコモを飲んでいます。

 

 

かなりこだわっていますね。

 

 

ええ、それだけでなく、マコモを通じて新しい出会いもありました。以前、調和活動家で、みっけ学舎の校長である、瀬戸山裕一氏の主催するセミナーに参加した際、瀬戸山氏が「黒い液体」を飲んでいたんです。どうやらマコモというものを飲んでいることまではわかったのですが、どこのマコモかはわかりませんでした。その後、私はリバーヴさんのマコモを飲むようになったのですが、実は瀬戸山氏も同じリバーヴさんのマコモを飲んでいたんです。偶然なのか、必然なのかわかりませんが、リバーヴさんのマコモに動かされ、導かれた感じがしましたね。現在、瀬戸山氏と一緒に様々なプロジェクトに参加しており、良きパートナーとなっています。これからもマコモを通じて、様々なつながりに巡り合えればと思っています。

 

 

貴重なお話、ありがとうございました。貴店では、ネイルサロンもあると伺いましたが、、、

 

 

そうですね。ネイルは、娘の帆乃香がやっています。

 

 

こんにちは。帆乃香です。

 

 

こんにちは。鈴木です。宜しくお願いします。

 

 

まずは、ネイルサロンをオープンされたキッカケを教えてください。

 

 

はい。現在、多くのネイルサロンではジェルネイルが主流となっています。ジェルネイルは、ぷっくりとした見た目がかわいいですし、透明感のある美しいツヤも魅力的です。アートのレパートリーが多いのもいいですよね。

 

 

そうですね。

 

 

ところが人気のある一方で、ジェルネイルは、施術の特性上、やりすぎると爪が薄くなったりボロボロになったりすることがあります。

 

 

確かにそうですね。私の周りでも、それで悩んでいる人がいます。

 

 

そして、爪がボロボロになってしまった場合、「育爪サロンに行くか」、それとも「ジェルネイルをやめるか」 のどちらかを選ばないといけません。

 

 

そうですね。

 

 

この場合、どちらを選択しても「ジェルネイルをやめる」ことになります。そのため、多くの方が、このどちらも選択せず、多少のガマンをしてもジェルネイルを続けるという選択をとります。やっぱりかわいい爪にしたいですからね。

 

 

その気持ちは私もわかります。

 

 

でも、痛いのをひたすら我慢して、ジェルネイルを続けるのは、やはりカラダに良くありません。

 

 

そうですね。

 

 

そこで、「育爪サロンに行く」のではなく、「ジェルネイルをやめる」でもない、第3の選択肢があればと思い、サロンをオープンしました。

 

 

第3の選択肢ですか?

 

 

そうですね。主に爪と手をメンテナンスするメニューですが、一般的な育爪サロンのメニューとは異なり、ジェルネイルをやりながらでもできるメンテナンスメニュー(浄化ネイル)になります。

 

 

そんなことができるのでしょうか?

 

 

マコモとジザニアを活用することで、可能になると思っています。マコモには爪の栄養補給に大切なケイ素(シリカ)が含まれていますし、ジザニア製品にはマコモ発酵エキスが配合されています。そのため、当サロンでは、マコモの足湯やジザニアのハンドマッサージなども取り入れています。

 

 

ネイルケアだけでなく、ハンドケアもするんですね。

 

 

そうですね。最近は、ヘアケアで髪の毛だけでなく、頭皮もメンテナンスするのが一般的です。髪は頭皮から生えますからね。これと同じように爪が生える指や手をメンテナンスすることも大切だと考えています。

 

 

実際に体験させていただけませんでしょうか。

 

 

いいですよ!

 

 

宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

まず、フェイス&ボディソープで、洗います。

 

 

 

 

 

そして、マイルドスクラブで、手のひらの余分な角質を落とします。

 

 

 

 

 

そして、モイスチャーエッセンスで、保湿をします。

 

 

 

 

 

最後に、マッサージをしながら、ビューティーオイルSで、さらに保湿します。

 

 

 

 

ジザニアのフルコースですね。ありがとうございました。とても気持ちよかったです。

 

 

このあとは、ネイルの施術に入ります。実は現在、マコモ、ジザニア製品にプラスして、独自の処方で開発している浄化ネイルケア製品があり、近日、製品化を予定しています。これができれば、ジェルネイルで悩んでいた多くの方を救うことができると考えています。

 

 

それができたら、また詳しくお伺いさせてください。

 

 

いいですよ。是非お願いします。

 

 

今日はありがとうございました。

 

 

 

< 取材サロン >

リセット・サロン 想  https://kumyutakuto.com/

TEL: 090-3982-0200

住所: 宮城県仙台市青葉区本町1-13-32  オーロラビル703

営業時間: 完全予約制 10:00~20:00 (最終受付 18:30)

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

  開発のキッカケ   話はいまから2年ほど前にさかのぼる…。 &nb…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る