マコモを感じる淡路島のパワースポット「ロキデ」に行ってきた

 

 

こんにちは。マコモマイスターの菊池です。今日は、淡路島で自然派レストランとおがくずの酵素風呂を運営されているロキデさんにお伺いします。真菰とマコモを活用されているとのことで、色々うかがおうと思います。

 

 

明石海峡大橋を渡って、淡路島に向かいます。

 

 

 

 

 

到着しました!

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。菊池です。今日はよろしくお願いします。

 

 

こんにちは。寺前です。よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

さっそくですが、マコモの出会いについて教えてください。

 

 

マコモに初めて出会ったのは、3年くらい前だと思います。マコモのことは神谷宗弊さんからご紹介いただきました。当時は、まだマコモのことを詳しく知らなかったのですが、気仙沼のリバーヴさんの本社に行くことになりました。

 

 

いきなり本社ですか。すごい展開ですね。

 

 

 

そうなんです。真菰が植物なのか、動物なのか、本当に何もわからない状態で気仙沼にお伺いしました。

 

 

訪問して、どうだったんですか?

 

 

リバーヴの小野寺会長から色々とお話をして頂きました。真菰の歴史、マコモ誕生の話、マコモの不思議など、会長のお話は、どれも興味深いもので、気がついたら6時間も経過していましたね。私自身、両親と飲食店を経営していて、自己免疫力を上げることや健康的な食事などに興味をもっていたこともあり、自然とマコモを取り扱うことになりました。

 

 

自然な流れで、運命的なものだったのかもしれませんね。マコモを通じて、ひかれあうことはよくありますので。

 

 

そうかもしれませんね。実は、その後も様々な運命的な出会いがあり、昨年、大阪から淡路島にお店を移転することになったんです。

 

 

え、そうなんですか?

 

 

そうですね。数年前に偶然、淡路島の沼島に行く機会があって、パワースポットとしても有名な「上立神岩(かみたてがみいわ)」を訪れたんです。

 

 

「上立神岩」といえば、日本神話の「国生み」の舞台とされる場所ですよね?

 

 

 

そうですね。私はそれまで、パワースポットなどで何かを感じたりすることはなかったのですが、不思議とそこに来た時、「上立神岩」にものすごい魅かれて、神様を感じるようになったんです。そこから淡路島のことがずっと気になるようになって、その1年後に再び淡路島に訪れたんです。その時、お腹の中にまでズドーンと入ってくるものがあって、そこで淡路島に移住することを決意しました。

 

 

それはまさに運命的なものを感じますね。でも大阪で飲食店をされていたんですよね。お店の方は大丈夫だったんですか?

 

 

そうですね。20年以上やってきたお店なので、移転することは簡単ではなかったですね。でも、もっとお客様にきめ細かいサービスをしたいという想いがあり、その為にもう少し小さいお店に移転することは、以前から考えていました。大阪市内では、なかなか良い物件が見つからなかったんですが、まさかそこから淡路島になるとはびっくりですよね。

 

 

そうですよね。

 

 

両親にも移住の話をしたら、快く了承してくれたので、そこから両親と一緒に淡路島に行って、物件探しを始めました。淡路島には友人もいないので、まずは知人のツテで南あわじ在住の元議員さんを紹介して頂きました。そして、近年、移住者も増えていて、人気の東浦地域を教えて頂きました。ここなら大阪からもアクセスが良いので、私もベストだと思いましたね。

 

 

そして、東浦地域に詳しい住職さんをご紹介して頂き、その住職さんから建設関係の方や、不動産関係の方をご紹介いただき、現在の物件に出会うことができました。元々工場だった建物で、ちょうど工場を閉めるタイミングの居抜き物件だったので、良いご縁を頂いたと思っています。ここまで広くて、しかも海が見える物件はどこにもなかったですからね。関係者の皆さんに感謝ですよね。

 

 

 

 

確かにとても広いですよね。どのくらいの広さなんですか?

 

 

180坪くらいですね。

 

 

180坪ですか! すごい広いですね。

 

 

そうですね。当初は、レストランだけできればいいと思っていたので、小さい古民家などの物件を考えていたのですが、せっかく淡路島に来たので、もっと健康に特化した施設にしたいと思うようになったんです。

 

 

なるほど。

 

 

まず、おがくずの酵素風呂を導入しようと思いました。来店されたお客様に酵素風呂に入って頂き、そのあとレストランで食事をして頂くという流れです。でも、その流れなら、宿泊もできた方がよいのでは? と思うようになりました。

 

 

確かにそうなりますよね。

 

 

そうなんです。また、私の周りに人を集めてセミナーをする人たちが沢山いたので、そういう方々が利用できるセミナールームもあるといいなと思いました。あと、マッサージなどができるリラクゼーションルームも欲しくなりました。

 

 

いろいろ盛りだくさんですね。

 

 

そうですね。そんなことを考えながら、今の物件に出会ったので、ここならそれらを全部できるし、スペースもまだ余りそうなので、伸びしろを感じて、ここしかないと思いました。

 

 

そういうことだったんですね。そう考えると本当に良いご縁でしたね。

 

 

本当にそうですね。そして、物件を決めてからは、内装工事です。居抜き物件といっても、もともと工場だったので、建物の中はほとんどが空間でした。そのため、建物の柱、天井、外壁はそのまま利用していますが、それ以外は、間取りも含めて全て私たちで考えて作りました。現在は、おがくずの酵素風呂、宿泊施設(2部屋)、レストラン、があります。

 

 

マコモマイスター菊池も、酵素風呂を体験しました! とても気持ち良かったです。

 

 

 

 

 

 

 

実際、オープンしてからお客様の反応はいかがですか?

 

 

お蔭様で、多くのお客様から高いご評価と、不思議なご縁を頂き、正直、私自身も驚いています。真菰とマコモのチカラを実感しています。

 

 

真菰とマコモのチカラですか?

 

 

まず、内装工事の際、リバーヴさんから頂いた真菰の草と、マコモ菌が豊富に含まれる粉末のマコモを宿泊施設の壁に埋め込むことにしました。そうしたら、宿泊したお客様から、「神社のようなエネルギーを感じる」、「この部屋の空気は浄化されている感じがする」、というご感想を多くいただくようになりました。中には涙を流す方もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

そして、レストランの入口に真菰の草を置いたら、客層が変わってきました。より、エネルギーを感じやすいお客様が来店されていると思います。

 

 

 

 

 

当レストランでは、淡路島の新鮮なお魚や野菜を使用しています。大阪や神戸から来店するお客様からはもちろんご満足いただいておりますが、地元の淡路島在住のお客様まで、「ここの料理は全然違う」と驚かれます。私は、シェフである父もエネルギーを感じて開花したんじゃないかと思っています。同じ魚や野菜でも、父が手を加えると、エネルギーが増えてレベルアップしていると思います。

 

 

 

 

スゴイ出来事ですね。

 

 

そうですね。また、それ以外にも、ユニカの丸山社長に電磁波の除去をしていただきました。電磁波に敏感な方が来店された時、「ここには電磁波がない」って、すぐにわかって頂きました。

 

 

 

かなりこだわっていますね。

 

 

そうですね。また、宿泊するお客様が使用するパジャマや、ベッドリネンには、天然素材の和ざらしダブルガーゼを使用しています。この柔らかさと心地よさに感動して、帰りに購入されるお客様も多くいらっしゃいます。飲み水とシャワーには、テラヘルツ鉱石の入った浄水器を使用しており、これもお客様から評判です!

 

 

そして、土地としての場も整っていると言われることがあります。

 

 

土地としての場ですか?

 

 

ええ、ゼロ磁場の装置は導入していますが、専門家の方にそもそもこの土地の地場自体が整っていると言われました。また、ガイヤの法則では、世界文明の中心は、1611年周期で変わり、次の中心は東経135度の場所であると言われています。当店は、東経135度の場所に位置しているので、これも影響していると思います。

 

 

 

そうなんですか。色々と運命的なものを感じますね。

 

 

そうですね。マコモを取り扱うことで、こういうエネルギー関係の方々と良いご縁をたくさん頂くようになりました。様々な専門家の方がご来店されて、良いエネルギーを当店で作ってくれている感じです。オープンする前は、こうなるとは思っていなかったので本当にありがたいですし、驚いています。

 

 

お店に入ってから退店するまで、全てがエネルギースポットでロキデさん全体がパワースポットになっている感じですね。

 

 

本当にそう思います。実際、当店に来て、気づきを得て帰るお客様もいらっしゃいます。「人生に迷っていたけど、こっちに決めた」とか、「浄化されて本来やりたいことに気づいた」など、様々な気づきがあるそうです。中には、淡路島に移住を決めた方もいらっしゃいます。

 

 

また、「良き出会いの場」にもなっています。当店でイベントを開催すると、出会った人同士が繋がって物事が大きく発展したとか、会いたいと思っていた人に偶然会えた等、必然的に必要な人同士が当店に集まっている感じがします。「こういう場所を作ってくれてありがとう!」と、めちゃくちゃ感謝されます。とても嬉しいですよね。

 

 

それはうれしいですね。

 

 

また、マコモを通じて繋がった方々も多くご来店いただいています。先日は、リバーヴの小野寺社長、顧問の瀬戸山裕一さんが来られて、イベントを開催しました。マコモを飲みながら、マコモダケの料理を食べて、とても盛り上がりました。

 

 

 

 

 

 

楽しそうですね。今後は、ロキデさんをどのように発展させていきたいですか?

 

 

そうですね。これからも「良き出会いの場」になって欲しいと思いますし、まだ、スペースが90坪ありますので、スウィートルームを作ったり、海が見える施術ルームを作りたいですね。現在、ヒーラーさんが活動できる場所はあまり多くないので、様々なヒーラーさんが活躍できる場所を提供したいと考えています。淡路島というパワースポットは最高のロケーションですし、私自身、様々な方々に支えていただいて今日があるので、恩返しができればと思っています。また、コワーキングスペースも作りたいです。ここから新たなビジネスを作る起業家が生まれると嬉しいですね。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

取材店

 

渚のリトリート

L’Orchidée Awajishima (ロキデ アワジシマ)

https://lorchidee.co.jp/

住所 : 兵庫県淡路市久留麻54-3

TEL : 0799-70-7290 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

  開発のキッカケ   話はいまから2年ほど前にさかのぼる…。 &nb…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る