自宅で楽しめるマコモの足湯を作ってみた

 

 

こんにちは。安藤です。

 

最近は、在宅ワークが多くなってきて、少し運動不足なので、リフレッシュするためにマコモの足湯を作ってみようと思います。

 

 

 

足湯の効果とは

足湯は冷え性の改善だけでなく、副交感神経のはたらきを高めて、リラックスした気持ちになり、ストレス解消や不眠症の改善にもなります。

 

また、血流が良くなることで、免疫力がアップすることがわかっており、様々な病気の予防効果も見込まれます。足湯はお年寄りがやるものと考える方もいますが、代謝の改善で美容効果もあるので、若い女性にもオススメです。

 

足湯って、最高ですね。

 

そして、今回は、マコモを入れて、最高級の足湯をつくろうと思います。

 

 

 

準備するもの

今回、準備したものは、コチラです。

 

お風呂用マコモ、足湯用のバケツ、鍋、小分け容器 です。

 

バケツは、リッチェル社の「フットバスバケツ」を買いました。ネットで送料込みで2000円くらいでゲットしました。

 

 

足湯用に作られたバケツで、上蓋もついていて、使いやすそうです。

これぐらいの大きさなら、そこまで場所をとらないので、バケツの保管場所で頭を悩ませることもないと思います。

 

 

 

 

マコモの足湯の作り方

今回、準備したバケツは、満タンで、12リットル入るものなので、足湯のお湯の量はバケツの半分くらい(6~7リットル)になるようにします。

 

まずは、バケツの中にお風呂用マコモを1本入れます。

 

かなり濃厚な足湯になりそうですね。

 

そして、水を3リットル程度入れます。

 

最後に、鍋で熱湯を3リットル程、準備します。

 

この熱湯を混ぜることで、ちょうど40度くらいの足湯をつくります。

 

手でよくかきまわして、ちょっと熱いくらいの温度になったら、完成です。

 

では、入ってみましょう。

 

とても暖かくて、気持ちいいですね。ブランケットをかけると、保温機能がアップしますのでオススメです。

 

足湯の良いところは、テレビを観たり、本を読んだり、他の事をしながらできることです。

 

私は、在宅ワークが多いので、仕事をしながら足湯をしてみました。

ポカポカ暖まって、気分もリフレッシュできたので、仕事もはかどりました!

 

ちなみに、手湯もやってみました。最近、肌ツヤがいいねって言われることが増えてきました☆

 

 

 

 

マコモの足湯のメンテナンス

 

 

足湯が終わったら、ラップをして保管します。完全に密閉しないで、少し空気が通るようにしましょう。

 

保管場所は、どこでもかまいませんが、お風呂場やベランダなどがオススメです。

 

次回、足湯をやるときは、半分弱を鍋に移し替えて、再び沸騰させてバケツに戻します。

 

 

鍋は、しっかり洗って保管しておきましょう!

 

バケツの中のお湯が減ってきたと感じたら、再び、お風呂用マコモを追加します。

 

ニオイが少し気になってきたら、熱と空気をマコモ菌に与えましょう。

 

例えば、ベランダで日に当てたり、

 

エアレーションを使って、空気を入れたりしましょう。

 

また、鍋で温めるのもオススメです。これで菌が活性化します。

 

 

 

 

マコモの足湯をやった感想

最初は、浴槽でマコモのお風呂をやってみようと思ったのですが、まずは入門編ということで、足湯から始めて正解でした。

 

毎日が生き生きするようになりましたし、グッスリ睡眠をとれるようにもなりました。友人からは若々しくなったと言われることが多くなりました。

 

こころもカラダもリフレッシュできるので、みなさんにもマコモの足湯をオススメします!

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

太陽と水の恵みの特徴とは

みなさま、「太陽と水の恵み」というドリンクをご存知でしょうか。 実は、このドリンク、すごく体にいいドリンクなんです…

アーカイブ

ページ上部へ戻る