しめ縄に使う真菰(まこも)を収穫した

 

こんにちは。マコモマイスターの菊池です。

今日は、みっけ学び舎ホールにきています。

 

これから、みっけ学び舎ホールで管理している真菰田で、真菰の収穫を行います。

今回初めて収穫を体験する方もいらっしゃるので、丁寧に進められればと思っております。それではよろしくお願いします。

 

ちなみに昨日も真菰を収穫しました。これが収穫した真菰です。収穫後は天日干しが必要なので、今日も収穫後はこんな感じに干す予定です。

 

では、畑(真菰田)に向かいましょう!

 

軽トラックに乗ると農家になった気分になり、気合いが入ります。

 

真菰田は、ここから車で3分ほどの場所にあります。

 

はい。真菰田が見えてきました。

 

到着です!

 

ちなみに、今回の真菰田は、水が入ったままの状態です。

 

稲作の収穫時は、「落水」といって田んぼの水を全部落として、土と稲を乾かしてから収穫します。真菰の場合も同じように「落水」をする方法もあるのですが、「落水」をすると真菰が乾燥してしまうので短期間で一気に収穫しないといけません。しかし、今回は5人で1時間程度の収穫作業のため、全ての真菰を収穫できません。そのため、「落水」はせずに、収穫作業をします。

 

では、みなさん、よろしくお願いします。頑張りましょう!

 

作業自体はそこまで難しくありません。真菰を根元からカマでこんな感じに刈り取ります。

 

刈り取った真菰を横に置いてしまうと、泥で濡れてしまうので、今回は各自、ソリを1つ持っていって、ソリの上に収穫した真菰を置いてください。ソリの真菰が満タンになったら、一度戻って来て、真菰をヒモでまとめましょう。

 

それでは、始めましょう! 沼地で足場が不安定なので、転ばないように注意してくださいね。

 

みなさんには比較的刈り取りしやすい真菰をお願いして、私は、奥の方にある刈り取りが難しい真菰を収穫します。無農薬で育てているので、雑草が生い茂っていて大変です。

 

ちなみに、しめ縄用の真菰は、今回のように葉の色が青いうちに収穫しないといけません。葉の色が変わる秋まで待っていると、しめ縄を作る際に、葉がかけやすくなるので要注意です。そのため、葉が青いうちに収穫し、しっかり干しをして水分を飛ばすやり方が良いのです。

 

 

今日は、30度超えでとても暑いです。しっかり水分補給もしながらの作業です。

 

 

さて、真菰の穂の上部を見てみましょう。

 

いくつかの真菰には、上部に飛び出ているものが生えています。

 

実は、これは真菰の花と実です。

あまり知られていませんが、真菰にも花が咲いて、実がなるものがあります。真菰の実は、菰米(こもまい)と呼ばれており、日本に稲作が伝来する前から食用として愛用されていました。ちなみに同じマコモ属のアメリカマコモの実は、「ワイルドライス」と呼ばれており、栄養価の高いスーパーフードとして、現在も健康志向の高いセレブ層に人気です。

 

合わせて読みたい

 

さて、収穫開始から1時間くらいが経過したので、そろそろ終了しようと思います。

 

 

収穫した真菰を先ほど運転してきた軽トラックに乗せます。

 

 

かなりの量を収穫しましたが、真菰田にはまだまだ沢山の真菰が生えています。

 

 

収穫後の真菰田は、こんな感じ。

 

ちなみに収穫前の写真がコチラ。こうやって比較すると、そこそこ収穫していますが、真菰田は広いので、1日で収穫できるほど簡単ではないことがわかりますね。

真菰の苗を植栽する時は、5~10人程度でやったので、収穫も5~10人で大丈夫と思ったら大間違いです。収穫作業は、植栽時よりも多い人数で、計画的に準備しないといけません。

また、春先に早めに植栽して、夏の始めに収穫すれば、真菰は生命力が強いので再び生えてきます。それを秋頃に収穫すれば、二毛作ができますので、オススメです。でも収穫作業は2倍大変になるので、これも計画的にやりましょう。

 

 

さて、軽トラックに真菰を積んだので、そろそろ撤収します。

 

 

みっけ学び舎ホールに戻ってきました。

 

真菰を荷台からおろします。

 

立てかけるとこんな感じ。作業時間は1時間でしたが、けっこう収穫できたと思います。

 

もっと日当たりがよい場所に真菰を持って行きました。

 

昨日収穫して、朝から干していた真菰がいい感じに乾燥してきました。先ほど収穫した真菰もこれからこんな感じに干して乾燥させる予定です。

 

しめ縄用の真菰は、収穫後、しっかり干して乾燥させないといけません。そのため、収穫日を含めて2~3日晴天が続きそうな日に収穫することをお勧めします。

 

もし、天日干しが難しい場合は、このように室内で乾燥できるような設備をあらかじめ準備することをお勧めします。

 

 

収穫後は、みっけ学び舎ホールで人気の特製カレーをいただきました。とても美味しかったです。

 

 

真菰は古来より「神が宿る草」といわれています。また真菰は生命力がとても強いので、真菰田に生息している大量の真菰に囲まれながら作業をするだけで、不思議とエネルギーを感じることも多く、パワースポットにいる感じにもなります。

真菰の収穫に興味がある方や、人生をリフレッシュしたい方は、是非コチラまでご連絡ください。

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモ龍宮城プロジェクト 特設ページ

マコモ龍宮城プロジェクトの最新情報について、こちらまとめています。動画も記事もそれぞれチェックしてください。…

アーカイブ

ページ上部へ戻る