「マコモありがとう会」工芸部の部長さんにインタビューをした

 

 

こんにちは。マコモありがとう会の菊池です。今日は、ありがとう会の工芸部部長の「みっちゃん」にインタビューしたいと思います。

こんにちは。今日は宜しくお願いします。

まず工芸部に入ったキッカケを教えてください。

工芸部に入ったキッカケは、真菰の円座をつくったことです。もともと真菰の草を自分の部屋に飾っていたんですが、ただ飾るだけではもったいないなと感じていたんです。そして、もっと親しみやすいものを作ろうと思い、円座を作りました。それを facebookに投稿したら、小野寺社長が見てくれていて、「工芸部に入らない?」というお声をいただき、よくわからないけど、やるって感じになりました。

 

 

真菰の円座(みっちゃん作製)

 

マコモには、どのようなキッカケで出会ったんですか?

マコモとの出会いは、セットさんの発酵塾でした。最初は、怪しい人だと思ったけど、色々なイベントに参加する中で、この人はマジの人だと思ったんです。この人と同じ空気を吸ってみたいと思うようになり、発酵塾に入りました。発酵塾では、心とカラダを発酵させて土台を作ることを目的としています。そして、カラダのメンテナンスアイテムの1つにマコモがあり、私はマコモを選びました。

初めてマコモを飲んだ時はどうでしたか?

初めてマコモを飲んだ時は、不思議とイヤな感じはしなかったです。ミネラルがいっぱい入っているのがわかったし、大地に帰るようにな感じがしました。マコモに対する興味もどんどん湧いてきました。

そうだったんですね。

その後、発酵塾で知り合った友人に誘われて、気仙沼の本社に行きました。気仙沼のマコモのお風呂には以前から入りたいと思っていたので、とても楽しみにしていたのを覚えています。

マコモのお風呂に入ってどうでしたか?

初めてお風呂に入った時、今までの自分を包み込んでくれる母親のような感じがしました。とても心地よくて、硬くなったところを柔らかくしてくれる感じです。すっかりマコモ風呂が好きになってしまって、その後、自宅でもマコモ風呂を始めましたね。

それはスゴイですね。その後、何か変化はありましたか?

そうですね。マコモとの関わり合いが増えてきてから、自分の器を満たすことの大切さを考えるようになりました。

自分の器を満たすことですか?

ええ、例えば、日本人は勤勉なので、多少体調が悪くても通勤、通学する人がほとんどではないでしょうか。ただし、それと同時に、周りの人にも自分と同じくらいの頑張りを期待する人もいます。でも、本当は休みたい時は休んだ方がいいんですよね。良い意味で自分自身を甘やかして、自分の器を満たすことで、周りの人にも優しくなり、そして、周りの人の器も満たすことができるようになると思います。

確かにそれは大切なことかもしれませんね。

私自身も、以前は、他人と比較したり、輝いている他人に対して後ろめたさを感じることがありました。自分はまだまだ足りていないので、勉強しなきゃと思って、色々なセミナーを受講したこともありました。でも、いつまで経っても、満たされませんでした。なので、ある時、開き直って、外に何かを求めることをやめたんです。今の自分を受け入れて、自分とベストパートナーになっていこうと。そう考え始めたら、徐々に物事がうまくいくようになってきて、いい人たちと巡り会えるようになってきたんです。見なければいけないのは、他人や周りではなく、自分自身だったんですよね。

とても深い考え方ですね。自分自身と向き合うことって大切ですよね。みっちゃんが作る工芸品はどれも不思議な魅力を感じますが、この考えが生きているのではないでしょうか?

そうですね。その想いがあったから、真菰のアクセサリーを作ることができたと思っています。みんなの要望に応えたり、頑張ろうとか、いい所を見せようとか、自分を盛りすぎると、いい気づきができなかったと思います。

先日、作成した真菰のタッセルも素晴らしいクオリティーですよね。どのようなキッカケで作ったんですか?

 

真菰のタッセル

(みっちゃん作製)

 

タッセルは、真菰の茅の輪づくりのイベントに参加した時に思いつきました。真菰の草には中心部に芯の部分があります。これがつるつるしていて、使いやすいと思ったんです。真菰は、しめ縄や茅の輪など、神事でのアイテムは多くありますが、アクセサリー関係ではほとんどありません。でも、こういう芯を使ったらもっと面白いものができるのでは、と思ったのがキッカケです。

ここでも、いい気づきが生まれているんですね。

ありがとうございます。そして、縛る部分は大麻(おおあさ)を使いました。麻は伊勢神宮、真菰は出雲大社、なので、陰と陽のような関係で面白いなと思いました。こんな感じで、素材を生かして盛りすぎないようにすることを心掛けました。大事なところは何かを見極めて、極力シンプルに考えることが大切だと思っています。

最近は、私自身が真菰に合わせられるようになってきたと感じています。真菰の工芸品としての可能性は、色々あるんだと思うようになってきました。

真菰というキーワードにアンテナを立てているので色々情報が入ってきているのではないでしょうか。今まで素通りしていた情報も見えるようになり、徐々に道が見えてくるような感じで。

そうかもしれませんね。最近は、他にも気づくことがあって、iPhone でよく太陽の光を撮影しています。facebookで共有したら、人気が出てしまって、カレンダーを作ることになりました。

 

これは、すごいですね。太陽の光ってこんなにキレイなんですね。普段、意識しないと通り過ぎてしまうようなことでも、みっちゃんのような感性があれば、よい気づきが生まれるんですね。

ありがとうございます。私の場合は、自分が心地よいと感じることを続けていったら、今の環境になったような気がします。もともとこうなりたいとは具体的に思っていませんでしたが、これが自分の求めていた答えかもしれません。自然にそうなれたのは、真菰のお陰かもしれませんね。お蔭様で、今はマコモを通じていい人達に恵まれて、毎日が充実しています。工芸部も盛り上げていければと思ってます。

そうですね。一緒に盛り上げていきましょう。今後とも宜しくお願いします。

 

合わせて読みたい

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

[toc] 開発のキッカケ 話はいまから2年ほど前にさか…

アーカイブ

ページ上部へ戻る