オーガニックカフェ「花笑み」でしめ縄づくりをした

 

こんにちは。マコモマイスター菊池です。

 

今日は、年末恒例のイベント、真菰のしめ縄づくりを行います。

 

おかげさまで、毎年全国各地から真菰のしめ縄イベント開催のお声がけを頂いております。最近は参加者の皆様の中にも真菰に詳しい方々がいて、嬉しく思っています。

 

さて、今回の会場は、埼玉県さいたま市にある、オーガニックカフェ「花笑み」さんです。全国から厳選された材料を仕入れて、素材を活かした独自のメニューが人気のお店です。

 

 

 

今回も自然や健康にこだわったお客様たちがご参加されました。

 

 

 

みなさん、よろしくお願いします。

 

 

 

 

作業に入る前に、ちょっと腹ごしらえ。肉まんをいただきました。美味しかったです。

 

 

 

 

では、しめ縄づくりの開始です。

 

 

 

 

まずは、真菰の束を3つに分けます。

 

 

 

 

そして、3つの束のうち、2つの束を結んでから、両手で締めていきます。いきなりですが、ここがしめ縄づくりの一番のキモで、難しいポイントです。

 

 

 

みなさん、飲み込みが早いので、スムーズに進みました。

 

 

 

次は、3つ目の束をねじりながら巻き付けていきます。

 

 

はい。できあがりました。

 

 

最後に全体をよく揉み込んで、真っすぐに整えて、完成です。

 

 

小さいしめ縄なので、クリスマスリースなどにも活用できますね。

 

 

 

続いて、もう少し大きいしめ縄を作ります。

 

 

 

先ほどと同じように、真菰を3つの束に分けます。

 

 

 

作業手順は大きいしめ縄も同じですが、今回は真菰の量が多く、両手だけでは締めることができないので、3人で分担して真菰を締めていきます。

 

 

 

束の端を持つ担当が1人、真菰を締める担当が2人です。

 

 

力いっぱい真菰をねじっていきましょう。

 

 

 

このあとは、同じ要領で、3本目の束を巻きつけていきます。

 

 

 

最後は、揉み込んで、真っすぐにして完成です。

 

 

 

 

無事に終わって、みんなで記念撮影。

 

 

作業のあとは、「花笑み」特製のおむすびをいただきました。お米1粒、1粒がしっとりしてて美味しかったです。

 

 

 

午後の部も3名ご参加いただきました。

 

 

 

しめ縄づくりは初めてとのことでしたが、すでに真菰について色々勉強されていて、とても熱心な方々でした。真菰に興味をもっていただいて、うれしいですね。

 

 

作業の飲み込みも早い方々で、大きいしめ縄も無事に作れました。

 

 

大きいしめ縄も2重に撒くと、かわいいリースになります。

 

 

 

最後に、皆さんで記念写真。

 

 

今回もご参加された皆様に満足いただきました。どうもありがとうございました。

 

 

 

今年は昨年以上に、真菰に熱心な方が多かったと感じております。来年も、いままで以上に、真菰を通じて、様々な活動をできればと思っています。ご参加いただいた皆様、来年も宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

[toc] 開発のキッカケ 話はいまから2年ほど前にさか…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る