マコモダケの刈り取りに参加してきた

 

安藤_74こんにちは。安藤です。前回の話の流れで、マコモダケの刈り取り(収穫)に参加することになりました。

【前回の記事】

収穫した真菰の乾燥工程を見学してきた

 

oohira_74安藤さん。私は着替えがないので、今回は見学でお願いします。すいません。。。

安藤_74了解しました。

sasaki_02_74安藤さん。こちらです。

 

 

製造部資材係の佐々木さんにマコモダケ畑に案内していただきます。

 

 

 

 

 

はい。マコモダケ畑に到着。

cimg3958_640

 

安藤_74結構たくさんありますね。しかも田んぼみたい。この舟に乗って、刈り取りをするんですか?

cimg3968_640

sasaki_02_74いえ、違いますよ。刈り取ったマコモダケをこの舟に入れるんです。水が入っている畑の中を歩き回って刈り取りをするので、舟があった方が便利なんですよ。

安藤_74そうなんですね。それにしても真菰はデカイですね。高さはどのくらいあるんですか?

cimg3972_640

sasaki_02_74これで、2メートルちょっとくらいですかね。9月は日照時間が少なかったので、今年は小さい方ですよ。

安藤_74これで小さいんですか。

sasaki_02_74そうですね。大きくなる時は3メートルくらいになりますよ。じゃあ、やりましょうか。

安藤_74えっ!? このままの格好で行くんですか? 靴が汚れちゃいますよ。

sasaki_02_74大丈夫です。長靴付きのつなぎがありますので、それに着替えて行きましょう。

 

 

 

ということで、つなぎを着せてもらうことに・・・。

cimg3975_640

 

 

なんだかんだでピッタシはまりました。

cimg3983_640

 

sasaki_02_74これで準備完了ですね。じゃあ、行きましょう!

 

 

 

 

沼の中をズンズン進む佐々木さん。

cimg3985_640

 

 

水の深さは膝よりちょっと下くらいみたい。

cimg3989_640

 

 

ということで、私も沼の中へ、行ってきます!

cimg3996_640

 

sasaki_02_74安藤さん、ホラ、ここにありましたよ。

cimg4001_640

安藤_74了解ました! そこですね。いま、行きます。

 

 

って、簡単に言ったけど、沼にハマってしまって、足が動かない。足が重たい。

cimg4002_640

佐々木さんはホイホイ簡単に歩いています。さすがベテラン。

 

 

 

なんとか、到着。

cimg4006_640

 

 

 

この根元の太いやつがマコモダケです。

cimg4012_640

 

 

 

スパッ!

cimg4013_640

 

 

マコモダケの刈り取り成功!

cimg4015_640

 

 

 

ちなみに真菰の高さはこのくらい。高いですね。

cimg4019_640

 

 

 

sasaki_02_74安藤さん、このお奥にもありますよ!

cimg4022_640

安藤_74佐々木さん! 探さないとマコモダケが見つからないってことは、マコモダケができるものとそうでないものがあるってことですか?

sasaki_02_74いや、ここにある真菰はみんなマコモダケができるものですよ。早くできるものと、遅くできるものがあるので、こうして探さないといけないんです。

安藤_74そうなんですね。定期的にチェックしないといけないんですね。

sasaki_02_74まあ、この時期は、基本、毎日チェックするんですけどね。

安藤_74ここの沼を毎日歩いてるんですか? すごいですね。そりゃ、私よりも簡単に沼の中を歩けるわけだ。

 

 

 

そして、2本目を刈り取って、、、

cimg4032_640

 

 

佐々木さんに渡す。だいぶ慣れてきました。

cimg4036_640

 

 

 

安藤_74佐々木さん! ちなみにここは、沼にする必要あるんですか? さっきから歩きにくくて大変なんですけど。。。もしくはもう少し水を減らすとか。。。

cimg4038_640

sasaki_02_74水は重要なんです。ひとつは、真菰は水をたくさん吸収する植物なので、少量の水だとすぐに枯れてしまいます。もうひとつは、鹿対策です。

安藤_74鹿?

sasaki_02_74ええ、水が浅いと野生の鹿がマコモダケを食べちゃうんですよ。

安藤_74おお。そんなこともあるんですね。マコモダケは生で食べても美味しいんですね。

sasaki_02_74そうですね。

 

 

 

 

 

安藤_74あれ? これはなんですか?

cimg4070_640

cimg4064_640

sasaki_02_74これは真菰の新芽ですね。放っておくとタケノコのように様々な場所から生えてきます。なので、毎年、収穫後は、水をすべて流して、春にイチから植えなおします。その方が成長の管理等もしやすいですから。

 

 

 

そういえば、よく見ると真菰がキレイに整列しています。毎年ちゃんと植え替えているんですね。大変そう。。。

cimg4066_640

 

sasaki_02_74じゃあ、安藤さん、今日はこのくらいにして、マコモダケを取り出しましょう。

安藤_74了解しました。

 

 

刈り取った真菰がこちら。縦にさけて、線が入って白い部分が膨らんできたらマコモダケ収穫の時期とのこと。

cimg4133_640

 

 

 

 

カマで茎の部分のマコモダケを取り出します。まずは佐々木さんがお手本を見せてくれました。

cimg4100_640

cimg4102_640

 

sasaki_02_74まずは、根元から切りましょうか。

安藤_74こんな感じですか?

cimg4106_640

cimg4107_640

 

sasaki_02_74そうですね! あとは、そのまま上も切りましょう。

 

 

 

ということで、取り出し完了!

cimg4114_640

sasaki_02_74実際に食べる時は、さらに剥いて、白い部分を出して食べます。ちょっと剥いてみましょう。

安藤_74了解しました。

sasaki_02_74あっ!! 安藤さん!!!

安藤_74どうしました??

sasaki_02_74切った時に先っちょが少し余ってましたね。タケノコの先っちょと同じようにマコモダケもここが美味しいんですよ~♪

安藤_74へ~ そうなんですね。

cimg4124_640

 

sasaki_02_74でも、取れたては、先っちょだけじゃなくて、全部が生で食べても美味しいですよ! 剝いてみましょう!

 

cimg4140_640

cimg4143_640

sasaki_02_74どうぞ!

安藤_74ありがとうございます! 柔らかくて美味しそう。

cimg4145_640

 

安藤_74いただきます!

cimg4148_640

 

安藤_74美味しい! ヤングコーンとアスパラガスを足して割ったような味ですね。

cimg4152_640

 

sasaki_02_74生で食べても美味しいけど、素焼きとか炒め物にするとさらに美味しいですよ。

安藤_74そうなんですね! それは確かに美味しそう。

oohira_74それは、私もオススメします。安藤さん、うちの事務所がここから近いのでせっかくだから、事務所で調理して食べますか?

安藤_74いいんですか! 是非、お願いします!

 

 

ということで、佐々木さんとはここでお別れ。このあと、リバーヴさんの事務所で取れたてのマコモダケを調理することになりました。cimg3965_640

安藤_74佐々木さん! ありがとうございました! とても勉強になりました!

sasaki_02_74こちらこそありがとうございました! また来てくださいね。

 

 

 

 

 

ということで、車でリバーヴさんの事務所に向かいます。

cimg3956_640

安藤_74いやあ、まさか取れたてのマコモダケを調理してすぐ食べることができるなんて、思ってませんでしたよ。なんか悪いですね~。

oohira_74いいえ~。事務所のスタッフにも連絡して準備させておきますね。

 

 

とうことで、次回、『取れたてのマコモダケで色々料理をしてみた』に続きます。

 

【次回記事】

採れたてのマコモダケで色々料理をしてみた

 

 

この記事を書いた人

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモサンプル請求

マコモのサンプルを請求してみた

こんにちは。安藤です。 実は、問い合わせページからマコモの無料サンプル請求ができるということで、 実際にサン…

カテゴリー

おすすめ記事

ページ上部へ戻る