マコモ料理研究家にマコモレシピを教えてもらった(その3)

 

 

こんにちは。マコモマイスターの菊池です。

 

今日は、マコモ料理研究家の「こりん」さんに、マコモ料理を教えてもらおうと思います。

 

 

 

 

 

前回と前々回は、キッチンスタジオで料理しましたが、今回は、「みっけ学舎ホール」の厨房で行いました。

 

 

「みっけ学舎ホール」は、宮城県柴田郡の川崎町にあった「本砂金小学校(現在は廃校)」を活用した施設です。

 

週末はカラオケやコンサート、体育館で軽い運動ができたりと、地域のみなさんに人気の施設になっています。

 

 

地元の食材を使ったレストランも人気で、今回はレストランの厨房(旧家庭科室)を使わせて頂きました。

 

 

 

今回は、「マコモ入り塩麹のガパオライス」を作ります。(レシピの詳細は、本記事の最後にて)

 

 

 

それ以外にナスや人参の和え物もあるので、事前に下ごしらえをしました。

 

 

 

「みっけ学舎ホール」の佐藤副代表にも手伝って頂きました。

 

 

 

 

今回は20名分くらい作るので、鍋も大きいものを使いました。

 

 

 

 

 

 

ガパオライスができました。かなりの量です。美味しそうですね!

 

 

 

それぞれ盛りつけして、、、

 

 

 

 

完成です!

 

 

 

 

その他にも、荒川代表が作った米粉のお蕎麦や、佐藤副代表からの牡蠣の差し入れなどもあり、大満足な食事会となりました。みんな美味しかったです。

 

動画でまとめましたので、詳しくはコチラをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

当日は、真菰の植栽も行いました。

 

 

 

 

 

暑くもなく、寒くもなく、丁度よい気候で楽しく植栽ができました。

 

 

 

 

 

 

関係者のみなさま、今回もありがとうございました。

 

 

 

 

 

「マコモ入り塩麹のガパオライス」のレシピ

<材料>(2人分)

 

  • 鶏ひき肉  200g
  • 玉ねぎ 1個
  • 赤、黄パプリカ 各1/2
  • ニンニク 1片
  • しょうが    1片
  • 豆板醤  小さじ1
  • 塩麹  大さじ1
  • 塩、こしょう 適量
  • ゴマ油  大さじ1〜2
  • マコモ 小さじ1
  • バジルの葉 10枚くらい
  • 卵 2個

 

 

<作り方>

 

  1. 玉ねぎ、ニンニク、しょうがをみじん切りにしておく。
  2. パプリカは1cmほどの角切りに。
  3. 鍋またはフライパンに油を引き熱し、ニンニク、しょうがを入れ焦がさないようにし香りが出てきたら玉ねぎを入れ炒める。
  4. 玉ねぎがしんなりしてきたら、ひき肉を入れさらに炒める。
  5. ひき肉が全体的に白っぽくなってきたら、パプリカを入れさらに炒める。
  6. 豆板醤、塩麹、マコモを入れよく混ぜ炒め塩コショウで味を整えたらバジルを入れざっと混ぜたら火を止める。
  7. ごはんの上に盛り、目玉焼きを焼いてのせたら完成。

 

 

 

 

 

関連記事

ピックアップ記事

マコモマスクができるまで(開発秘話)

  開発のキッカケ   話はいまから2年ほど前にさかのぼる…。 &nb…

アーカイブ

おすすめ記事

ページ上部へ戻る